収入を証明するのは源泉徴収など、プロミスで必要な場合とは?

収入証明書類として源泉徴収票や給与明細書などがありますがプロミスでこれらの収入証明書類を提出しなくてはならないタイミングとはいったいどんな時になるのでしょうか。

改正貸金業法が施行されたことによって貸金業である消費者金融プロミスにはさまざまなルールが取り決められました。
プロミスが決めたものではなく法律によって決められています。
まず収入証明書類は提出をするタイミングが決まりました。

カードローンのプロミスへの借り入れ「希望」金額が50万円を超える場合。
プロミスへの借り入れ「希望」金額と他社からの借り入れ「残高」を合わせると100万円を超える場合。

実際にいくらに限度額が決まったとしてもプロミスへの借り入れを希望する金額は大きな分かれ道です。
借入希望金額が50万円であっても、審査によって融資限度額が30万円になったとします。
それでも希望した金額は50万円になりますのでその時点で収入証明書類の提出が必要になることとなります。

他社からの借り入れは融資限度額を見るのではなくその時の残高を確認することとなります。
それと合わせるのはプロミスへの借入希望金額。
これらをあわせて100万円を超えた場合に収入証明が必要になります。

ちなみに、利用中に他社からの借り入れ金額を合計して100万円を超えた場合にも収入証明の提出をしなくてはなりません。
これに応じられないときには利用限度額の減額か借り入れ停止の処分となります。
これもまたプロミスが決めたのではなくそのように義務付けられているものです。